*

お金のことで困っていませんか? 

週刊誌のチラシ、電話ボックスに張り付けられた宣伝チラシやDMなどで、「借金の整理任せなさい」「多重借金を統合したいですよね」というアピールを読むことがしばしばです。

これらは、「整頓人」「買取専門屋」「紹介者」という通称の業者の広告のときが存在します。

これらを依頼した場合は自己破産申し立てフローの中で一番重要な免責承認を受けられない可能性もあります。

「整理屋」というのは、チラシなどで借金のある人を寄せ集め法外な費用を受け取って債務整理をするのですが結局のところ整理は行われないで、負債人はさらに債務地獄に堕ちてしまうケースがすべてと言ってよいでしょう。

「買取業者」では債務者の借金で家電、旅行の券を多量に購入させ、依頼者からそういった物品を購入額の30%から半分で購入するという方法を使っています。

当人は瞬間的には現金が手に入れられますがいつかカード業者による品物の催促がくることになり、実際のところ借金を増やすことになります。

この場合だとカード業者への詐欺であるということで免責がもらえなくなります。

「紹介屋」とは、著名なサラリーマン金融から貸してもらえなくなった負債者に対し自分では金貸しは一切せずに、貸出を可能な別な同業者を知らせて、すさまじい経費を請求するグループです。

紹介人は直接の手続きで融資してもらえたようにしゃべりますが実際には特に何もせず、審査の緩やかな企業を教えているだけなのです。

この場合だと実際は負債を重ねることとなります。


コメントする